見積書を見るときのポイント見積書を見るときのポイント

外壁の塗り替えにかかる費用は、業者やお家、塗料などによって大きく異なるため、「相場は●●円」といった具体的な額はありません。しかし、お見積もりの価格が適切かどうかを見分けるポイントはいくつかあります。八王子、日野、立川、昭島といった多摩地域を中心に、外壁の塗り替えを行っている「ペイントワークス」が見積書を見る際に気をつけるポイントをご説明します。

見積もりでチェックするポイント見積もりでチェックするポイント

見積書でチェックしなくてはいけないポイントは以下の4つです。

  • 施工範囲
  • 使用塗料
  • 塗る回数
  • スケジュール

短すぎるスケジュールで塗り替える問題点は、業者の選び方でご説明した通り。納期が短すぎる施工は、必要な工程を省いているケースもあります。そのほか、使う塗料の種類、施工範囲や塗る回数によっても価格は変わります。見積書を見る際は、「住宅に合った塗料か」「施工範囲は希望通りか」「塗る回数は少なすぎないか(一般的には下塗り1回、上塗り2回)」など値段だけでなく、施工内容も確認するようにしましょう。

ペイントワークスおすすめの塗料はこちら

見積書のチェックは入念に見積書のチェックは入念に

見積書は、塗り替えの内容が書かれた書類。見積書を確認して契約するということは、塗り替えの内容に同意をしたという意味になります。そのため、見積書を見る際は、分からないことはすべて確認し、隅々まで理解する必要があります。

見積書は専門用語も多く難しい内容もありますが、塗装屋さんに確認し不明点を残さないようにしましょう。親切な塗装屋さんであれば、分からない箇所は丁寧に説明してくれますよ。逆に不明点をきちんと説明してくれない塗装屋さんは避けたほうがいいかもしれません。