外壁を塗り替えるメリット外壁を塗り替えるメリット

外壁塗装は「家をきれいにするためのもの」と思われがちですが、それだけではありません。外壁塗装のメリットは見た目が美しくなる点だけではなく、建物の保護、コスト削減などさまざまです。こちらでは、八王子、日野、立川、昭島といった多摩地域を中心に、外壁の塗り替えを行っている「ペイントワークス」が塗り替えのメリットをご説明します。

美しい見た目が実現する美しい見た目が実現する

写真を横並びに設置 クリックで拡大

外壁リフォーム後の建物は、まるで新築のよう。塗り替えにより、色あせやカビ・コケの発生で悪くなっていた見た目が改善します。また、塗り替え時に外壁の色を変えることも可能。外壁の色が変われば、建物のイメージもガラッと変わりますよ。同時に、バルコニーや玄関周りの色を変えることもできます。

建物を保護する建物を保護する

建物は常に、雨・風や紫外線、排気ガスなどに晒されています。きちんと、膜によって守られていれば害はないのですが、ひび割れや塗料の剥がれをそのままにしておくと、そこから雨水の浸入や建物の腐敗が起きてしまいます。

外壁を定期的に塗り替えることで、常に建物を雨風や紫外線、排気ガスなどから守り、住みよい家を保てます。また、最近は、防汚・防カビ・断熱・遮熱・防音・消臭などの機能を持つ塗料も登場。劣化から守るだけでなく、より快適な住み心地が実現できます。

※画像をクリックすると拡大します。

コスト削減につながるコスト削減につながる

外壁の塗り替えにはお金がかかります。しかし、劣化しているにも関わらず放置しておくと、腐食や雨漏りといった思いがけないトラブルが発生し、塗装費用に加え、高額な修繕費用がかかってしまうことも。定期的な壁の塗り替えは、建物のトラブルを防ぎ、修繕費用を抑えることが可能。長期的に見るとコスト削減につながります。