塗り替えのトラブル塗り替えのトラブル

八王子、日野、立川、昭島といった多摩地域を中心に、外壁の塗り替えを行っている「ペイントワークス」が今までお客様からうかがったトラブルの事例と解決策をご紹介します。これらのトラブルに巻き込まれないように、事前に注意するようにしましょう。

思いもよらない追加料金思いもよらない追加料金

見積もりには入っていない部分の傷みを、塗装にきたスタッフが施工直前に発見。スタッフは「一緒にやっておきますね」といってくれたので、サービスでやってくれるのかと安心してお任せしました。しかし、後日、追加の請求が自宅に……。追加で料金を支払うことになりました。

解決策解決策

このケースは、きちんと説明をしなかった業者に非があります。「一緒に施工しますね」というときに、見積もりの範囲内か範囲外か、範囲外だとしたらいくらかかるのかを説明してくれれば防げたこと。見積もりの価格が変わるときは、その都度お客様に報告する必要があります。

当社では、説明なしに追加料金を請求することはありません。追加で施工しなくてはいけないと思ったら、きちんとその旨を説明し、ご納得いただいてから施工します。

マナーの悪い職人マナーの悪い職人

外壁の塗り替えも無事終わり、きれいな仕上がりに大満足。しかし、ご近所さんから「トラックが道に止まっていて邪魔だったわ」「業者の人がうちの庭にタバコをポイ捨てしたの」といった苦情が……。仕上がりには満足していたのにとても残念でした。

解決策解決策

ご近所さんへのあいさつや、片付けなどマナー面での社員教育を徹底している塗装屋さんを選んだほうがよかったですね。

当社は、施工技術はもちろん、お客様に対するマナー教育も行きとどいています。きちんとした指導をうけた自社職人がうかがうので安心です。

説明不足説明不足

3年前に外壁を塗り替えたばっかりなのに、塗料の剥れが……。壁に触ると白い粉がつくようになって、たった3年で寿命になってしまいました。3年前に塗り変えてくれた塗装屋さんに聞いたら、「傷みやすい環境なので仕方ないですね」と。それなら、きちんと説明して長持ちする塗料をすすめてくれればよかったのに……。

解決策解決策

事前説明に力を入れた業者を選び、きちんと説明をしてもらっていたらこのようなトラブルは起こりませんでしたね。

当社は、塗装のプロとして、お家の状況や向いている塗料を正直にお話しいたします。そのうえで、お客様のご要望をうかがいながら塗料や施工内容を一緒に決めていきます。